ホロサイトの通販が激安価格っ |

本体のみで比べると!NB品は半額くらいでしょうか。ボタン配置はNB品が側面に集中し!HurricanEは後部です。まずはQDレバーの有無の違いで!HurricanE製の方が少し背が低いです。

いまオススメの商品♪

2017年02月24日 ランキング上位商品↑

ホロサイトHurricanE製Eo-Tech XPS3タイプ ホロサイト(172)

詳しくはこちら b y 楽 天

操作性も良く光度調整もしっかりできます。なお!NB品!Hurrican製の両者とも屋外の極端に明るいところに向けるとドットは見えづらくなります。性能的にはどうなんでしょう。また、レンズの反射も太陽を見ない限り気にならないと思います。特に透明度については、全体的に暗い製品の多いレプリカホロサイトとしてはかなり透明度が高いほうで、付属するレンズガードを付けても安価なレプリカホロサイトより透明度は高いと思います。。まだゲームには使っていないので!エレベーションダイヤルの調整の効く幅くらいしか実感できていません。がっちり固定されてるし調整も楽々でした!付属のレンズカバーもあるので今度は被弾しても割れる心配なく使えそうです。また、電池挿入部分の外装もHurricanE製の方が小さく仕上がっています。レプリカにありがちなレンズが暗い、撃っていると消灯する、ゼロインできないという三点については全く問題ありません。さすがのハリケーン製品です。ゲームで使えるレプリカホロサイトを探している方にはオススメです。実物は見たことがないので!どちらがより実物に近いモデリングかという論点はここでは置きます。前に使ってたホロサイトが被弾してレンズが割れた為に購入しました。輝度を上げることである程度対応できます。手元にあるNB品 リアル刻印タイプEXPS3レプリカと比べると、少し小ぶりな印象を受けます。M4に取り付けてます。調整の幅も多く!非常に狙いやすいです。これらによりNB品より小ぶりな印象を受けます。レティクルの滲みは感じますが!サイティングには影響が無いレベルのため!こちらも実用上気にならないレベルです。電池蓋の紛失防止パーツは、NB品はむき出しのワイヤー、HurricanEはゴムっぽい材質です。HurricanEはボタン操作を誤ってドットが点灯しても2時間で自動消灯する機能があると謳っています。暗いところで輝度が高いとドットの反射が気になりますが!明るいところでではあまり気にならないのは両者とも同じでした。また、HurricanEは前面レンズ保護用のポリカ板付き、NB品はマグニファイアとセットで買ったため、SCOPECOATのカバー付きでした。NB品のマグニファイア付きで、実売価格は同等。